沖田総司の魂が眠る東京都港区の専称寺へ!

 

新選組一番隊組長、沖田総司のお墓参りへ!

専称寺 慶応4年5月30日(1868年7月19日)に没した新選組一番隊組長の沖田総司のお墓が東京の港区にあるのはご存知でしょうか?お墓の所在地は専称寺というお寺にあり、現在お墓参りをする場合は「沖田総司忌」で参加することが可能です。

(この記事は約2分で読めます)

 

 

目次

 

沖田総司とは?

沖田総司は新選組で1、2位を争う天才剣士でありながらも若くして労咳により死去してしまうというその不遇さから若い女性を中心に絶大なる人気を誇っています。

 

沖田総司の肖像画については一切残されていないことから実際の容貌はどのようなものであったかは今となってはわかりませんが、新選組の関係者が、過去に

  • 「ヒラメ顔で笑うと愛嬌があり色黒」
  • 「肩の張り上がった」
  • 「猫背」
  • 「長身」

といったことが書かれています。ただし、沖田総司のゆかりのある沖田家では沖田総司の容姿について「色の白い、小さい男だった」という風に伝わっているということから実際の容貌も整った顔立ちだったのではないでしょうか?

 

沖田総司の死因と発病時期とは?

沖田総司の死因は「肺結核」と言われ、明治初期まで肺結核は労咳(ろうがい)と呼ばれていました。

 

慶応2年(1866年)頃に幕末から明治初期にかけて活躍した日本の医師である松本良順(まつもと りょうじゅん)という医師が新選組隊士の診療を行いました。これは松本良順が近藤勇と親交があったためです。この時に、「肺結核の者が1名居た」と記しており、これが沖田総司のことを言っているといわれています。

 

そしてその翌年である慶応3年(1867年)には、周りの新選組隊士が沖田総司の病状が悪化していると認識できるほどになっていたこと、同年の秋から冬頃にかけてはかなり重症な状態であったとことから、この頃にはすでに戦闘には参加できない状況であったといわれています。

 

沖田総司の墓がある専称寺への行き方とお参りについて

専称寺

 

沖田総司の墓は六本木駅から歩いて8分ほどにある専称寺にあります。しかしながら、気軽に墓地には入れず、お墓参りをすることはできません。。。

 

年1回の「沖田総司忌」の日にしか公開されていないからです。

 

実は近年、沖田総司の熱烈なファンが墓石を削ったりしたことが原因で墓地に入ることができなくなってしまいました。しかし専称寺の塀の外から遠目に墓を見ることはできます。本堂の裏手に回ると、墓地の入口から2列目の道の右側にある、赤茶色の屋根に覆われた小さな墓石が沖田総司の墓です。

 

「賢光院仁誉明道居士」という戒名が刻まれており、入口から見て沖田総司の墓より手前側には、沖田家先祖代々の墓が立っています。

 

「沖田総司忌」の日にはお墓には女性ファンの行列が出来るほど、沖田総司はいまだに多くの女性達から愛されていることがわかります。ちなみに、専称寺では、「沖田総司忌」についてのことは一切把握していないので、専称寺には絶対に電話をしないでください。 お問い合わせは、必ず「新選組友の会」へお問い合わせください。

 

>>新選組友の会のホームページはこちら

 

以上、沖田総司の墓がある専称寺の行き方!沖田総司忌で墓参りへ...という話題でした。

 

専称寺の所在地と行き方

住所:東京都港区元麻布3-1-37
行き方:地下鉄六本木駅下車・徒歩8分

 

 

 

新選組関連情報!新選組とゆかりある偉人の名所や愛刀

新撰組隊士である沖田総司のお墓以外にも東京にはゆかりの地が数多く存在しています。また沖田総司の愛刀である加州清光など、新撰組の愛刀は刀剣乱舞の刀剣男子として擬人化されている影響もあり、とても人気があります。そこで、新撰組のゆかりの地と愛刀について調査をしてみました。

東京23区で新選組ゆかりの地を巡る!

新選組ゆかりの地 新選組は「誠」の旗を目印に、いつの時代も衰えない人気で、沢山の人々がゆかりの地を訪れています。そんな新撰組のゆかりの地が東京23区内に存在していますのでご紹介しています!沖田総司終焉の地である今戸神社の詳細もこちらから♪

刀剣乱舞で人気♪沖田総司の愛刀3選をご紹介!

沖田総司の刀 本記事は幕末最強剣士の一人に挙げられる沖田総司の3本の愛刀をご紹介します。永倉新八、斎藤一と共に三強と言われ、「猛者の剣」とも称された沖田総司。残念ながら病のために志半ばで倒れましたが、今でも語り継がれる沖田総司と共に戦い続けた刀をご紹介!

刀剣乱舞で人気♪土方歳三の愛刀5選をご紹介!

土方歳三 本記事は新選組の鬼の副長とも言われた土方歳三が生涯に渡り愛用した刀をご紹介します。実戦にはめっぽう強かった鬼の副長・土方歳三。そんな彼の右腕でとなり働き続けた5本の刀、「和泉守兼定」「大和守秀国」「葵紋越前康継」「備前長船住祐定」「堀川国広」について解説します。

 

)新選組ゆかりの皇居(旧江戸城)を見学・観光!

皇居(東御苑)の見どころ9選!江戸城本丸跡を見学・観光

江戸城 皇居東御苑の見所(9箇所)を画像と共にご紹介しています。国内外の観光客に人気の皇居(江戸城跡)は実に多くの見どころがあります。当時の面影を残しながら現代の風景と溶け込んでいるその様子は一見の価値ありです!

皇居見学ツアー(皇居一般参観)レビュー!予約は必要?観光内容は?

皇居一般参観 宮内庁から無料で申し込むことができる「皇居一般参観」では江戸城の遺構を見学できるのはもちろん、様々な歴史的価値をもつ建造物を目で楽しむことができるので、観光ツアーを利用して多くの観光客が訪れます!

皇居外苑を観光!丸の内周辺おすすめレストランもご紹介!

皇居外苑

皇居(旧江戸城)観光した後、お疲れの時にぴったりのレストランをご紹介致します。皇居(旧江戸城)付近は「丸の内」と呼ばれている地域でもあり名店が沢山!歴史と共にグルメを楽しむことも可能です。とっておきの味と、素敵なお店をぜひご堪能ください。
 

関連記事

近藤勇のお墓は3つ!板橋・三鷹【龍源寺】・会津【天寧寺】のお墓を巡る
慶応4年(1868年)に板橋刑場で処刑された近藤勇。その最期の地である「板橋・滝野川」には近藤勇と新撰組隊士供養塔が設けられています。また、近藤勇の遺体があるとされるお墓は三鷹の龍源寺にあり、その近くには近藤勇が産まれた生家跡もあり、新撰組ファンが多く訪れます。
土方歳三の愛刀(和泉守兼定)5選をご紹介!
本記事は新選組の鬼の副長とも言われた土方歳三が生涯に渡り愛用した刀をご紹介します。実戦にはめっぽう強かった鬼の副長・土方歳三。そんな彼の右腕でとなり働き続けた5本の刀、「和泉守兼定」「大和守秀国」「葵紋越前康継」「備前長船住祐定」「堀川国広」について解説します。
沖田総司の愛刀3選「菊一文字」「加州清光」「大和守安」をご紹介!
本記事は幕末最強剣士の一人に挙げられる沖田総司の3本の愛刀をご紹介します。永倉新八、斎藤一と共に三強と言われ、「猛者の剣」とも称された沖田総司。残念ながら病のために志半ばで倒れましたが、今でも語り継がれる沖田総司と共に戦い続けた刀をご紹介します!