二の丸庭園を見学!二の丸庭園の見どころご紹介

 

二の丸庭園を見学!

二の丸庭園 二の丸庭園は、回遊式庭園を再現したもので、これは昭和42年(1967年)に皇居東御苑として公開されるされる時に、過去の発掘調査や図面をもとに二の丸庭園は再現されました。当サイト(ヒストリーガイド)では都心の避暑地とも言える二の丸庭園の秘密に迫ります。

(この記事は約2分で読めます)

 

 

二の丸庭園は小堀遠州(または小堀政一)作の回遊式庭園です。回遊式庭園とは、大きな池を中心に周囲に路をつくり、橋や石などで各地の景勝を再現した庭園のこと。回遊式庭園には他にも浜離宮恩賜庭園、小石川後楽園、六義園などがあります。


目次

四季折々の植物がたくさんある二の丸庭園!

二の丸庭園の最大見どころはやはり四季折々で彩られら植物になります。池に隣接する菖蒲田(しょうぶだ)は、明治神宮にある庭園から株分けされ、89品種にものぼります。また、準絶滅危惧種にあたるアサザなどもあり観賞する価値がとても高い庭園といえます。

 

 

宮内庁ホームページでは開花状況や皇居東御苑内での花が咲いている場所を示した地図もありますよ!


 

その他、池にいる鯉については「ヒレナガニシキゴイ」という鯉が泳いでいるのですが、これはインドネシアのヒレナガゴイと日本のニシキゴイを交配させて誕生した独自の鯉となっているのも見逃せません。

 

現在は雑木林、過去には二の丸御殿が!

二の丸庭園の雑木林

ここが東京と忘れてしまうほど、緑が豊富でマイナスイオンを感じます。

 

現在は雑木林となっている場所ですが、過去には二の丸御殿がありました。二の丸御殿は過去、焼失のたびに再建が繰り返されてきましたが、慶応3年(1867年)を最後に再建されない時期が続きました。

 

そして、昭和60年(1985年)の時に昭和天皇のご発案で、雑木林が再生されました。これは当時、都内で失われてきていた雑木林を再生したいという願いがあったからです。

 

諏訪茶屋

二の丸庭園にある諏訪の茶屋は、明治45年(1912)に江戸城西の丸の西側にあたる吹上御苑に建てられたものを、昭和43年(1968)に二の丸庭園に移築されました。

 

皇居東御苑内ある二の丸庭園は緑が豊富でとても都内にあるとは思えないほどです。都会の喧騒を忘れて、癒しを得たい場合にぜひ見学をしに行ってみてはいかがでしょうか?

 

以上、二の丸庭園を観光!二の丸庭園の見どころご紹介.....という話題でした。

 

あわせて読みたい皇居関連記事

皇居東御苑(江戸城跡を含む)見どころと見学ルートご紹介|皇居東御苑観光

皇居東御苑 皇居東御苑は旧江戸城跡がある場所で、アクセス方法は大手町駅のD2出口からなら地下道を通って大手門へ行くことが可能です。また東西線の竹橋駅から平川門まで5分程度でたどり着く事もできます。今回は大手門からのおすすめルートで出発し、江戸城跡を含む皇居東御苑の見どころに迫りたいと思います!
 

関連記事

同心番所(戸張番所)の見どころ!
大手門を抜けた先、右手に位置する「同心番所」はその名の通り、同心と呼ばれる武士が警備用の詰め所としていたことからきています。今回、当サイト(ヒストリーガイド)の皇居観光ガイド決定版ではこの同心番所に焦点を当てて、見どころに迫ります。
大手門の見どころ!東御苑の入り口
大手町駅を出てすぐにある皇居東御苑の南東に位置する門が「大手門」になります。手前入り口が「高麗門」、その奥に「渡櫓門」がありこの2つを総称して「大手門」と呼びます。今回、当サイト(ヒストリーガイド)の皇居観光ガイド決定版ではこの大手門に焦点を当てて、見どころに迫ります。
江戸城を観光!本丸から天守台跡の見どころ
皇居東御苑の最大の見どころにして、皇居を訪れた際には必ず観ておきたい観光スポットが江戸城跡になります!ちょうど江戸城本丸の北端に今なお江戸城の天守台は現存しており、天守閣はないもののそのスケール感に圧倒されるばかりです。当サイト(ヒストリーガイド)ではこの江戸城跡の秘密に迫ります。