徳川秀忠由来の庚嶺坂(ゆれいざか)でお花見!

 

桜の名所、庚嶺坂(ゆれいざか)でお花見!

ゆれい坂 神楽坂・飯田橋付近で桜を楽しみたいなら、庚嶺坂(ゆれいざか)に是非とも立ち寄りましょう!庚嶺坂は二代将軍徳川秀忠に名付けられたと言われています。歴史を感じながら風情ある桜を堪能することができます!

(この記事は約2分で読めます)

 

目次

庚嶺坂はJR/地下鉄の飯田橋駅を出てすぐ!

庚嶺坂にはJR/地下鉄の飯田橋駅から外堀通りから簡単に向かうことができます。地下鉄はB3出口。JRは西口から出ると迷わずに向かうことができるでしょう。庚嶺坂下に存在するファミリーマートを目印にしてください。

 

?嶺坂下に存在するファミリーマート

ファミリーマートについたら庚嶺坂はもうすぐ!

 

名付け親は二代将軍徳川秀忠

庚嶺坂

先述の通り、庚嶺坂は二代将軍徳川秀忠によって名付けられたと言われています。

 

江戸城、この坂の辺には多くの梅の木が植えられていました。そこで徳川秀忠が中国江西省の梅の名所「大庚嶺(たいゆれい)」から名を取ったと伝えられています。

 

 

庚嶺坂(ゆれいざか)は別名が多く、行人坂(ぎょうにんざか)、唯念坂(ゆうねんざか)、幽玄坂、幽霊坂、若宮坂とも呼ばれていよ。

 

ちなみに、行人坂は目黒区下目黒と品川区上大崎にまたがる坂として実際にあり、幽霊坂も日本各地で数多く存在しています。若宮坂も神奈川県の愛川町にあったりと日本の坂を調べると面白いですね♪


 

?嶺坂の石垣

庚嶺坂では石垣を楽しむことができます。都内の住宅街で石垣を楽しめる場所は貴重ではないでしょうか?

 

庚嶺坂を登りきった場所にある高級料亭では素晴らしいグルメを楽しむことができます。「小室」はミシュランにも取り上げられています。「久露葉亭」では会席料理を楽しむことができます。

 

外堀通り・神田川の桜も堪能しよう

?嶺坂下の外堀通り・神田川の桜

 

庚嶺坂下の外堀通り・神田川は春になると美しい桜で彩られるの是非とも鑑賞してください。両岸共に桜で覆い尽くされます。桜の切れ目から見える電車や建造物がとても幻想的に見えることでしょう。

 

庚嶺坂〜神楽坂、飯田橋の桜の様子を収めた動画で疑似体験♪

歴史スポット関連動画などを随時アップ中です。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

 

庚嶺坂への住所・最寄り駅など

住所 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目1付近
最寄り駅

地下鉄 飯田橋駅B3出口/東西線、有楽町線、南北線
JR 飯田橋駅 西口/総武線

 

 

あわせて読みたい桜・お花見関連記事

乾通りの桜・お花見を楽しもう!ツアー情報あり♪

皇居乾通りの桜 2019年、皇居乾通り桜の一般公開は3月30日〜4月7日の9日間!2018年は398,550人もの方々が訪れました。入門時間は午前9時から午後3時30分までと決められていますので注意が必要です。本記事は皇居乾通りの開催状況や皇居(江戸城)周辺で桜を楽しむことができる場所をご紹介しています!事前にお花見スポットを把握して訪れることをお勧めします♪